背を向けて寝るオトコ。

昨夜のことでございます。

入浴を終えて20:30頃床に就いた太郎。
勿論、眠る前はミルク180ccにおっぱいもたらふく飲んで、満足気に眠りにつきました。

そしていつもどおり、約1時間後、寝室からほげほげと泣く声が聞こえてまいりました。
母は、おお、またもやおっぱいを探しておるのだな、よしよし、と優しい気持ちで
太郎の寝室に向かい、そっと添い寝をし、おっぱいを口に含ませました。

おっぱいの感触に満足したのか、5分ほどして太郎はすやすやと再び眠りにおちました。

と、そのとき。

ごろん。

こともあろうに、太郎は体を回転させ、この母に背を向けたのでございます。
・・・その様子はまるで、

「ああくったくった、もう腹いっぱい、もう用はないよ、じゃ、寝るわ」

といった風情。
あとには呆然とし、胸もあらわになった母の姿が残されるばかり。

すやすやと寝息をたてて気持ちよさ気に眠る我が子の小さな背中と、ちょっと
はげちょろびんになってきた後頭部を眺めながら、一人寂しさに涙する
母でございました・・・・。

我が息子 それでも愛しい アホ太郎。
[PR]

by chiezou192 | 2005-06-10 11:48 | ◇育児