<   2005年 01月 ( 63 )   > この月の画像一覧

我が子の寝顔Ⅱ

またあきもせずに我が子の寝顔に見入っていました。(笑)
今日の太郎は眠りが浅いのか、観察していてこっちが笑っちゃうくらい
多彩な表情を見せてくれます。

まぶたの中で目がぎょろぎょろ動いているような動きを見せたかと思うと、
口をにゅっととがらせ、おっぱいを飲むしぐさの時のようにあぐあぐ。
・・・かと思うと、眉間にしわを寄せ、なんとも哲学的な表情をしながら、
鼻の穴をぴくぴく。

手も時折ぴくぴくと動き、ま~見ていて飽きないこと。

まだ夢を見たりする齢ではないのですが、こちらは勝手にいろんなことを
想像して楽しませてもらっています(*^^)

ちなみに、猫の寝姿も、観察しているとけっこう面白いです。
走り回っている夢でも見ているのが、手や足、体中をびくびく痙攣させたり、
時折「ニャッ」という短い寝言を言ったり。
そして、その自分の声で起きちゃったり。

猫の場合、人間の勝手なエゴで、そんなかわいらしい寝姿を見て、
「あぁぁ~なんてかわいいの!」と寝ているところを無理やり起こして
抱っこしてほおずりする・・・なんてことをしていましたが、
太郎には後が怖くて(おそらく爆泣きする・・・)それはできません・・・。(笑)
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-20 12:32 | ◇その他

猫と赤ちゃん

c0029051_783334.jpgc0029051_710750.jpgc0029051_7103936.jpg


実家には猫がいます。
もう一緒に暮らして13年経ち、本当に家族同然です。
今年15歳になるおじいちゃん猫ですが、年の割には健康で、
元気いっぱいです。

実家に里帰りすることになったとき、一番の心配ごとは猫と赤ちゃんの共存
でした。

猫が赤ちゃんにちょっかい出すんじゃないか。
やきもちでストレスが溜まっちゃうんじゃないか。

最初はネットつきのベビーベッドのレンタルも考えていましたが、
結局我が家の場合、赤ちゃんを寝かせる部屋には猫を絶対に入れない、
という対策をとることで、今のところ特に問題なく過ごしています。

心配した猫のストレスも、今のところないようです。

ただし、猫自身も赤ちゃんに興味はあるようで、時折じーーっと見ていたり、
少し目をはなすとそっと近寄ろうとしたり、油断はできません。

が、基本的に「こいつは自分には害がない」ということはわかったようで、
リビングなどでベビーシッターに寝かせている時は、まったく見向きもせずに
側を素通りしていくこともよくあります。

赤ちゃんも大切な家族ですが、猫も長年一緒に生活してきた者にとっては
かけがえのない家族。
アレルギーの問題などもあり、ペットと赤ちゃんとの共存は賛否両論あると
思いますが、私は赤ちゃんが動物と一緒に生活することで、情緒も豊かな
子供になってくれるのでは、と思っています。

ただ、共存するにあたってはやはり周囲の大人が、お互いの存在になれるまで、
かなり気を配って注意しなければならないかもしれませんが。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-20 07:07 | ◇心配なこと

嗚呼、布オムツ・・・

今我が家では昼間は布オムツを使用していますが、やはり紙オムツ
使用時よりも、オムツ交換の頻度がかなりアップするように思います。

やっぱり吸収が悪いので、本人も不快指数が高いのでしょうね。
そして新しく替えたばかりなのにすぐおしっこやうんちをしてくれるのは、
綺麗な布の感触が気持ちよいからなのでしょうか・・・。

しかし替えるかーちゃんは大変ですわい。

今日はなんだか一日中(1時間おきくらいかなぁ・・・)おむつ交換を
していたような・・・。

そして今日も日が暮れる・・・。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-19 18:43 | ◇育児

したたる乳

本当はタイトル、「噴き出す乳」にしたかったんですが、私のおっぱいは
まだ噴き出したことはないので、「したたる」とさせていただきました(笑)

おっぱいって不思議なんですよね・・・。
自分で体験するまで信じられませんでしたが、しぼってもいないのに乳が
したたることがあるんです。

私の場合、太郎の泣き声に一番反応するらしく、本当にぽたぽたぽたぽた
お乳がたれてきます。

先ほどは、そろそろおっぱいの時間だなぁ・・・でも熟睡してるみたいだから
どうしようかしら・・・と思いながら太郎の寝顔を見ていると、やっぱりぽたぽた。

他のお母さんの話では、「○○ちゃん、今頃どうしているかしら・・・」と、
赤ちゃんのことを考えたりしたとき、または他の赤ちゃんの泣き声でも
反応してお乳が出てくることがあるようです。

絞っても出てこないときもあるのに、なんだか不思議ですね・・・。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-19 14:59 | ◇育児

産後ガードル

買わなきゃ買わなきゃと思いつつ、1ヶ月経ちました。
ついに今日購入。産後ガードル。

デパートで試着し、そのままつけて帰ってきたのですが、
いや~へっこんだへっこんだ!
ぽっこり出ていた下腹が実にすっきりんこ。
もっと早くに購入すればよかったなぁ。

・・・しかし、今までぽっこり出ていたおにくたちはいったいどこへ消えてしまったのだろう??
なぞだ・・・。

すごい締め付けのわりには、そんなに苦しくもなく、帰宅してもしばし上機嫌で
鏡を見てすごしていた私。
しかし、悲劇は夕飯時に起こりました。

ぐぐぐ、苦しくて食がすすまない・・・。

ガードルをすると体型が戻る理由は、ここにあるのかもしれません。
1日目から先が思いやられるスタートとなりました。
でも3ヶ月で元の体型に戻すぞ!!!!
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-19 00:12 | ◇お気に入り(育児)

久しぶりのお買い物

今日はじぃじに太郎を預けて、午後からデパートへ、ばぁばと太郎の内祝いを
買いに行きました。

久しぶりのデパート!
そして今はバーゲン中!!

ああ、もっと時間とお金があれば・・欲しいものがたくさんあるのにぃ~~。

しかし、みなさん内祝いはどんなものをチョイスしているのでしょうか。

出産のお祝いって物でいただくことが多く、タオルをいただいたのに
タオルで返すのもなぁ・・・などいろいろ考えてしまって、なかなか難しいです。
しかし、我が家の場合は結局、私が考えるのが面倒くさくなってしまったこと
もあって(笑)、ありきたりの物で済ませてしまいました。

今日の買い物は下記の通り。

<内祝>
・タオルセット  14セット
・エトロのひざかけ  3セット
・ミキモトのケーキ用ナイフ・スプーン・フォークのセット(内祝)
・商品券
・とらやの紅白のらくがん

<私のモノ>
・ママコート(黒) ・・・高かった!
・ズボン
・ワコールの産後ひきしめガードル・・・た、高かった!(ノ_・、)

結局ママバッグは時間がなくて買えませんでした。
今度買い物に行けるのはいつのことやら・・・。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-18 23:19 | ◇その他

じぃじ・・・・

最近、じぃじが太郎をよくかまっています。
・・・かまいすぎじゃない?というくらいに(笑)

いや、まぁいいんですけどね・・・。
里帰り中という期間限定なので、もう2週間ほどで自宅に帰るため、
先が見えている今、かまいたくなるのも仕方がないかもしれません。

先ほども、

「おい、太郎が遊びたがってるぞ、遊んであげれば?」

とじぃじ。
ってか、太郎と遊びたいのはじぃじの方でしょ(笑)

とにかく、かまいたくてかまいたくて、仕方がないようです。

私にとってのじぃじ(父)の印象は、小さな頃から仕事三昧で、午前様なんて
ことも度々。
いつもは優しい父でしたが、怒る時はげんこつがとんでくることもしばしばで、
怖い時は怖い父でした。

そんな父が、今まで聞いたこともないような赤ちゃん言葉で太郎をあやし、
童心に返ったように無心に太郎と遊んでいる姿は、私にとっては驚きでした。
そして、嬉しそーに、「おい、太郎が笑ったぞ!」なんて報告してくれる姿は、
本当に「じぃじ」になってしまったんだなぁ・・・としみじみ感じます。

外孫はかわいいといいますが、実家を引き払う時がちょっと恐ろしいような
気もする今日この頃でした。。。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-17 20:33 | ◇その他

立ち止まること

太郎が泣いていると、一秒でも早く彼の要求を満たしてあげなくては!
と、ついつい気持ちが焦ります。
まず太郎の元へ飛んでいき、おむつを替えたり、抱っこしてあやしたり、
直感にしたがって何かしらの「行動」をとってしまいがちな私。

しかし、今読んでいる育児書が、大切なことを忠告してくれました。

『赤ちゃんが泣くのは、なにも親が悪いわけではない。
赤ちゃんには赤ちゃんの要求が有り、それを的確に把握することが大切。
そして、赤ちゃんの要求は、得てして単純なもの。

赤ちゃんが泣いたら、まず深呼吸をして立ち止まること。
それから、赤ちゃんの動きや赤ちゃんがおかれている環境を、一歩ひいて
客観的に観察すること。
そのうえで、赤ちゃんが今、何を要求しているのかを考え、行動すること。』

・・・この、「行動する前に一呼吸おいて立ち止まる」ということ。
泣き喚く我が子を目の前に冷静になれ、というのは、忍耐も要り、
結構難しいことですが、今の私には必要なことかな、と思うのでした。

c0029051_13461547.jpg

トレイシー・ホッグ著「赤ちゃん語がわかる魔法の育児書」
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-17 13:48 | ◇育児

添い乳について

昨夜、粉ミルクをたしても太郎がぐずるので、添い乳をしました。

実家では、和室に太郎と布団を並べて寝ているので、添い乳の際には
自分の布団の中に太郎を寝かせ、おっぱいを含ませます。
添い乳のよいところは、私が楽な姿勢で授乳できるところ、そして、太郎に好きなだけ
おっぱいを吸わせることができるところです。

言葉で説明するとわかりにくいのですが、私の添い乳のやり方は、

 1.太郎を仰向けに寝かせる

 2.私が太郎の方を向いて横向きに寝る

 3.私の上半身を起こし、片腕で支えながら、布団に体が密着している側の
   おっぱいを太郎の口元もっていき、含ませる

 4.太郎がおっぱいをくわえたら、太郎の顔をそっと横向きにしながら私の
   体を静かに倒し、完全に横になる

この方法でうまくいかない時は、太郎を普通に横抱きにして授乳し、
そのまま布団に運んで2人でそっと布団に横になる、という感じです。

この「添い乳」という技法(?)を知ったのは魔法のおっぱいという母乳育児のサイトを見ていたときでした。
太郎の寝ぐずりに悩んでいた私は、「こんなスバラシイ技があったのか!」といたく感激。
早速実践してみるも、最初はうまくいかずに私自身が無理な体勢で授乳すること
が多く、腕や背筋をプルプルさせながら、最後には太郎がおっぱいを自分ではなすよりも
早くに、「もう限界!・・・ごめん太郎!」と言って力尽きていました。
太郎にとってはせっかくウトウトと気持ちよく寝入ろうと言う時におっぱいを外されるので、
さらに大泣きしていました(^^;)

最近は少しこつをつかめてきたようで、私が楽な姿勢で添い乳ができるようになり、
私のほうが気持ちよくて太郎より先に寝入ってしまうこともしばしばです・・・。

しかしこの添い乳、寝かしつけるにはすごく便利なのですが、ちょっと心配なのは、
太郎がおっぱいなしでは寝られなくなってしまうことです。
まぁそうなったらそうなったでもいいかなぁ、と思いつつ、私がいない時の周囲の
苦労を考えると、このまま毎晩になってしまうのもまずいかなぁ・・とちょっと
悩んでいるところです。

でも今は、この添い乳なくしてはやっていけなくなりつつあるんですけどね・・・・(^^;)
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-17 08:32 | ◇育児

我が子の寝顔

今日は午後、我が家には2組のお客さんが太郎のお祝いに
来てくれました。
1組はじぃじの弟にあたる、叔父叔母夫婦。
そしてもう1組は私の高校の同級生3人。

眠いながらもぐずらずに愛想を振りまいていた太郎も、さすがに疲れたのか、
おっぱいを飲んだら熟睡。

・・・しかし。

なぜ我が子の寝顔は、何分、何十分、もしくは何時間?見ていても飽きないん
でしょうね。

あ、またまつげが少し長くなった、とか眉毛も少し濃くなったなぁ、とか、
なんてかわいいあひる口なんだろう、とか思いながら、完全に親ばか状態で、
先ほどまでじーーーーっと眺めていました。

ああ、もう顔中舐めまわしたいくらいかわいい・・・。
・・・でもさすがにそれは衛生上よくないのでおでこに「ちゅっ」と軽くちゅーを
するだけにしました(笑)

子供がいない時は、自分の子供をタレントにする親ってほんとに救いようのない
親ばかだなぁ、と思っていたけれども。
今は、「うちの子、ムーニーのCMに応募しようか?」とか平気でKと話している
自分がいます。。。

私、間違いなく親ばかです。ハイ。
[PR]

by chiezou192 | 2005-01-16 18:16 | ◇その他